お知らせ

建物の状態をより早く知るために

以前、私が物件管理の獲得営業をしていた時の話です。 営業先のオーナー様から、「今、管理を任せている会社は電球が4個、5個と切れても、全く気付かないし連絡するまで対応しない。そのような会社に管理を任せていて良いのだろうか?」とのご相談を頂きました。

コンサルタント
前山 和孝

ご相談内容

電球に限らず建物の不具合は、入居者様やオーナー様からのご連絡で知ることが多いのが現状です。しかし、ご連絡が来るまで全くその不具合に気づかないというのは、管理会社としていかがなものでしょう。

電球に限ったお話をすると電灯操作盤を切り替えることで日中でも電気がついているかどうかのチェックができます。当社では巡回清掃の際にそういったチェックをすることで、なるべく切れている電球が無いように努めております。
また、夕方以降は電気がつきはじめますので、物件の近くに立ち寄った際にチェックすることを心がけております。

物件は昼と夜とで雰囲気が全く違います。実際、多くの方が朝から夕方までの間はお仕事に出かけられて、夜お帰りになられるので、夜に起きる問題も多くあります。

例えば、ゴミの問題は夜に発生することが多く、朝に巡回清掃に行った際に分別が出来ていないゴミや粗大ゴミが出されていることに気付くということも少なくありません。

夜に見回りをすることで「この物件は夜も見回りをしているから・・・」と問題を事前に防ぐ抑止力にもなりますし、防犯の面でも管理が行き届いているマンションは一般的に狙われにくいので、そういった効果も期待できます。

時間を変えて巡回する。それは極めて単純で簡単なことですが、意外に行われていない効果的な管理の方法なのでした。

現状の管理に疑問を持っているオーナー様は是非、当社までご相談ください!

お客様情報

60代女性、.

【相談のきっかけ・目的】

建物に不具合がないかしっかり見てほしい。

お知らせ

所在地:東京23区内
戸数:20戸
築年数:15年未満